全国重要無形文化財保持団体協議会
重要無形文化財保持団体秀作展

重要無形文化財とは

重要無形文化財とは

文化財保護法の制定により、我が国にとって歴史上、芸術上価値の高いものが文化財として指定されています。このうち、建造物や美術品と異なり、音楽や演劇など形のないものは無形文化財とよばれます。

工芸品を作る技術そのものも無形文化財のひとつと考えられ、とりわけ複数の作り手によって完結する工芸技術は、国の重要無形文化財に指定されるとともに、この技を保持する団体が認定されています。

これらの技は日本人の生活様式の変容によって様々な試練にさらされていますが、技術水準はいずれも極めて高度であり非常に価値の高いものです。重要無形文化財に保持団体が認定されているのは、最高水準の技を保持していること、そしてそれを後進へ伝承していく体制を維持していくためなのです。
PAGE TOP