全国重要無形文化財保持団体協議会
重要無形文化財保持団体秀作展

全国重要無形文化財保持団体協議会

全国重要無形文化財保持団体協議会

日本の伝統的な工芸技術を守り伝えるため、国から重要無形文化財保持団体として認定を受けている14団体と、その活動地域の自治体で構成している協議会です。匠たちの高度な手わざを後世に伝承していくという思いを一つにして、1992年に発足しました。

各保持団体の活動など現況を共有する「全国重要無形文化財保持団体協議会大会」と、陶芸・染織・漆芸・和紙など分野を超えた展覧会「重要無形文化財保持団体秀作展 日本の伝統美と技の世界」を毎年開催しています。

◆重要無形文化財とは
◆加盟団体一覧 

2017年宮古島大会
2017年秀作展オープニング
PAGE TOP