全国重要無形文化財保持団体協議会
重要無形文化財保持団体秀作展

細川紙

細川紙

重要無形文化財名称    :細川紙
重要無形文化財指定年   :1978年
重要無形文化財保持団体名称:細川紙技術者協会 

細川紙は、埼玉県小川町・東秩父村で古くから継承されている手漉き和紙で、国内産の楮を原料としています。細川紙の名は、江戸時代中期に紀州細川村(和歌山県)で漉かれていた細川奉書という紙の技術が伝えられたことに由来するとされています。流漉きにより強靭な繊維が絡み合うことによる耐久性の高さが大きな特徴で、江戸商人の大福帳など実用品として使用されてきました。
現在では、和本用紙、たとう紙、型紙原紙、古文書補修用紙などのほか、壁紙、障子・照明などのインテリア、版画や水墨画等の芸術・工芸用紙として用いられてます。 
紙漉き
PAGE TOP